4月, 2019年

在独PIネットワークのメンバーから、
ドイツの研究環境、とりわけ分業制のメリットについて
ご寄稿を頂きました。

2019-04-20

ドイツの研究機関で研究室を主宰して活躍している日本人研究者ネットワーク(在独PIネッ トワーク)の
メンバーで、ヨーロッパ有数の研究所であるマックス・プランク心肺研究所で血管生物学の研究を行なっている
中山雅敬先生から、ドイツの研究環境、とりわけ分業制のメリットについてご寄稿いただきました。
こちら
をご覧ください。

「ドイツ研究留学説明会の事前申し込み受付を開始しました。」

2019-04-19

~~ドイツ研究留学説明会の事前申し込み受付を開始しました。~~

フンボルト奨学金およびDAAD奨学金の説明と、専門別分科会では、最近ドイツ留学から帰国した留学経験者と少人数で交流できます。

日時:2019年6月2日(日)15時―17時半(受付13:30 開始)
場所:ドイツ文化会館ホール(港区赤坂7-5-56)

15:00-15:45 全体説明会
16:00-17:30 専門別分科会(生命科学系、医学系、理工系、人文科学および社会科学などの専門別少人数で、フンボルト奨学金により留学し、最近帰国した留学経験者との情報交換を行います)
詳しくは→ こちら(2月8日のお知らせ)

ドイツでの研究留学に関心のある方は是非ご参加ください。
事前申し込みがなくても参加できますが、資料など準備の都合上、できるだけ事前申し込みをお願いします。

事前申し込み期間 4月19日(金)~5月26日(日)

事前申し込みの場合には以下の項目を記載したメールを alumni@daadjp.com あてにお送りください。
①氏名(漢字)
②氏名(ローマ字)
③所属
④職名(学生の場合は学年)
⑤専門分野(10 字以内)
⑥出席したい専門別分科会(人文科学、社会科学、理工学、生命科学、医学から選んでください)
⑦レセプションへの出席の有無(参加無料) (以上)

日本フンボルト協会事務局 〒107-0052 港区赤坂 7-5-56 DAAD内

在独PIネットワークのメンバーから、
基礎研究への国民の理解を得るためのドイツの研究者の努力についてご寄稿を頂きました。

2019-04-05

ドイツの研究機関で研究室を主宰して活躍している日本人研究者ネットワーク(在独PIネットワーク)のメンバーで、ヨーロッパ有数の脳科学の研究所であるマックス・プランク脳科学研究所の伊藤 博先生から、ドイツの基礎研究への手厚い支援を可能にしている国民の理解と国民の理解を得るための研究者の努力についてご寄稿いただきました。こちらをご覧ください。

Copyright(c) 2013 The Humboldt Association of Japan All Rights Reserved.