今年も6月2日(日)にドイツ研究留学説明会が
ドイツ文化会館(港区赤坂)で開催されました

2019-08-13

グラフ1今年も昨年と同様に「ドイツ研究留学を志す若手研究者/大学院生のためのドイツ研究留学説明会」が開催されました。この説明会はアレクサンダー・フォン・フンボルト財団の支援のもと、日本フンボルト協会の主催で開催され、ドイツ学術交流会(DAAD)東京事務所にもご協力いただきました。今年は、日本フンボルト協会の総会に合わせ、6月2日に東京で開催されました。

本説明会は全体説明会と専門別分科会の2部構成で開催され、全体説明会では、例年にようにフンボルト奨学金、DAAD奨学金の紹介があり、全体説明会に引き続き専門別分科会が行われました。分科会は、人文学、社会科学、理工学、生命科学、医学の専門別に分かれ、少人数で若手研究者や大学院生が、最近ドイツ留学から帰国した留学経験者と情報交換を行いました。参加者からの質問に留学経験者が答える形で進められ、留学準備、ホストの探し方、奨学金申請書の書き方、ドイツでの研究、ドイツでの生活などについての質疑応答がありました。説明会参加者の多くは、このあとに行われたコンサートと懇親会にも参加し、駐日ドイツ大使やフンボルト元奨学生(フンボルティアーナー)と歓談しました。

アンケートの結果では、参加者のほぼ全員が、全体説明会、分科会を大変役に立った、または役に立ったと考え、特に専門別分科会には「近い距離で話せてよかった」「奨学金申請から留学までの流れよくわかった」「最近の動向を知ることができた」などの感想が寄せられました。ドイツ留学を志望する若手研究者や大学院生にとって有意義な会となり、主催者としてもよろこばしい限りです。

井田良会員(中央大学)と高山佳奈子会員(京都大学)がシンポジストとして参加する「終末期医療」をテーマとした日独シンポジウムのご案内

2019-07-19

井田良会員(中央大学)と高山佳奈子会員(京都大学)が報告者として参加する「終末期医療」をテーマとした日独シンポジウムのご案内を「フンボルト元奨学生の活動状況」のページに掲載しました(こちら)。

三島憲一会員の講演
「フンボルト・フォーラムをめぐって―血塗られた歴史への問い?」をYouTubeでご覧いただけます。

2019-06-29

日本フンボルト協会・関東甲信越支部は,2019年3月30日,「富山県赤坂会館」(ドイツ文化会館の隣にある施設です)におきまして,2018年度の総会を行いました。この機会に,三島憲一会員(大阪大学名誉教授)にお願いして,「フンボルト・フォーラムをめぐって――血塗られた歴史への問い?」と題する講演をしていただきました。

フンボルト・フォーラムは,ベルリン王宮の跡地に立つ複合文化施設で,博物館としての機能もあり、2019年中にもオープンする予定です。三島憲一会員は,ドイツ近現代史の紆余曲折を体現するこの施設の現在に至るまでの歴史を紹介し,展示品が主に帝国主義時代に西欧諸国が植民地から略奪したものであるという事実をもとに,さまざまな問題に言及されました。

フンボルト・フォーラムの「血塗られた歴史」をめぐる,きわめて興味深いこの講演は,三島会員のご厚意で,YouTubeでもご覧いただけることとなりました。アドレスは以下の通りです。https://youtu.be/_794ykxQ0ik
(日本フンボルト協会 関東甲信越支部支部長 井田 良)

2019年度日本フンボルト協会『日独共同研究奨学金』の採択結果を
公表します。

2019-06-04

2019年度日本フンボルト協会日独共同研究奨学金の採択結果を、以下のように伊藤眞選考委員長より公表いたします。日独共同研究奨学金の目的等についてはこちら(http://avh-jp.com/2018/12)をご覧ください。

**********************************

第1回目となる本年度の同奨学金には、11件(理系7件、文系4件)の申請があり、選考委員会で厳正・公平に審査した結果、
以下の2件が本年度の助成対象共同研究として採択されましたので、祝意をもって発表いたします。

1.研究標題:冠詞のない言語は冠詞なしでどのように対象を示しているのか?
名詞および文の指示機能についての独中日対照研究

助成対象者氏名、資格、所属機関、及び研究分野:
Meng-Cheng Lee, Dr.phil.,
Lektor,LMU München,
Germanistische Linguistik

申請者氏名及び研究分野:田中 愼教授(慶応義塾大学)、ドイツ語学

2.研究標題:確率的均質化問題に対する Unfolding 法とその破壊⼯学への応⽤

助成対象者氏名、資格、所属機関、及び研究分野:
Mario Varga, MSc in Mathematics, PhD student/Research Fellow, Technical University of Dresden, Applied Analysis

申請者⽒名:⾚⽊ 剛朗教授(東北⼤学)、応用解析学(数学)

日独共同研究奨学金制度は、来年度も継続して実施しますので、奮って申請の程お願いいたします。

最後に、本奨学金制度のためにご寄付いただきました、協会外の個人・企業の方々また、本協会会員諸氏に改めて厚く御礼申し上げます。

日本フンボルト協会理事長
日独共同研究奨学金選考委員長
伊藤 眞

在独PIネットワークのメンバーから、
ドイツの研究環境、とりわけ分業制のメリットについて
ご寄稿を頂きました。

2019-04-20

ドイツの研究機関で研究室を主宰して活躍している日本人研究者ネットワーク(在独PIネッ トワーク)の
メンバーで、ヨーロッパ有数の研究所であるマックス・プランク心肺研究所で血管生物学の研究を行なっている
中山雅敬先生から、ドイツの研究環境、とりわけ分業制のメリットについてご寄稿いただきました。
こちら
をご覧ください。

Copyright(c) 2013 The Humboldt Association of Japan All Rights Reserved.