2016年度ドイツ研究留学説明会が7月2日(土)ドイツ文化会館にて開催されました。

2016-09-08

例年は総会の際に留学説明会をおこなっていますが、今年は総会が名古屋で開催されたことから総会とは別に7月2日(土)に東京のドイツ文化会館でドイツ研究留学説明会を開催し、ドイツ留学を志す大学院生や若手研究者約100名の参加がありました。

午後2時から1時間あまり全体説明会を開催し、その後約1時間半専門別分科会を開催しました。全体説明会では広渡理事長の挨拶のあとで、井田常務理事からフンボルト奨学金の説明があり、フンボルト奨学金は他の奨学金とは異なりドイツ政府がフンボルト財団を通じ、科学研究のパートナーとして奨学生を生涯にわかってサポートしてくれる奨学金であり、奨学生の中からノーベル賞受賞者を含め多くのすぐれた人材が輩出していることを強調されました。DAAD東京事務所の玉井さんからDAAD奨学金の説明、鍔田常務理事から、フンボルト財団による留学説明会やホームページによるドイツ留学支援についての説明があり、そのあとで、留学体験談が紹介されました。文系としては、DAAD奨学金を得てエアランゲン・ニュルンベルク大学で歴史学の研究をされた阿部ひろみ氏と、理系からはベルリンのドイツリウマチ疾患研究センター(DRFZ)で免疫学の研究をされた高橋武司会員(現・実験動物中央研究所)の体験談がありました。とりわけ高橋会員はアメリカでも留学経験があり、米独の研究環境の比較をされ、ドイツでの研究のやりやすさを示されました。

専門別分科会では、人文科学系、社会科学系、理工系、生命科学系、医学系とDAAD分科会に分かれて専門分野別での少人数での質疑応答を行いました。各分科会には、過去10年以内にドイツに留学をした留学経験者がそれぞれ2名程度参加し、これから留学を志す参加者とドイツでの研究や生活の状況、奨学金申請などについての質疑応答が行いました。各分科会は10−20名程度の規模で、司会者が整理しつつ、参加者の個別の質問に留学経験者が体験に即して答える形式で、大変活発な分科会になりました。参加者からは、留学経験者に個別に様々な質問ができ、大変参考になったという声が多くありました。さらに、分科会終了後にはレセプションがあり、リラックスした雰囲気の中で、参加者と留学経験者やフンボルト協会役員の交流が行われました。

アンケートでは、留学説明会が役に立ち、必要とする情報が得られることで留学の実感がわくとともに、思ったよりも留学しやすいことがわかり、ドイツ留学の意志を強くしたという意見を数多くいただきました。

今回のドイツ留学説明会の開催にあたっては、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団本部からの経済的支援もいただきましたので、ここに謝意を表します。

なお、今回は会場の関係で大きなホールで4つの分科会を並行して進行したために、声が聞き取りづらいという問題点も指摘されました。この点については、来年以降改善の予定です。来年も6月ないし7月に東京でドイツ留学説明会を開催しますので、今回参加できなかった方は是非次回ご参加ください。

我が国の植物科学の先駆者白井光太郎氏の手記を紹介する記事を日独学術交流雑記帳に記載しました。

2016-08-10

原田英美子会員より、白井光太郎氏のドイツ留学時の手記の紹介記事を投稿いただきました。

白井光太郎氏は、20世紀初頭にベルリン大学に留学し、のちに東京大学農学部植物病理学講座の初代教授、
日本植物病理学会初代会長をつとめた、我が国の植物科学の先駆者です。

ドイツ研究留学説明会(7月2日開催)事前申し込みの締め切りを延長しました。

2016-06-23

7月2日(土)にドイツ文化会館で開催するドイツ研究留学説明会の事前申し込みの締め切りを6月27日(月)延長しました。全体説明会および専門別分科会には 事前申し込みなしでも、ご参加いただけますが、準備の都合上できるだけ事前申 し込みをお願いします。また、レセプション(無料)への参加には事前申し込みが必要です。

事前申し込みは、E-mailで、alumni@daadjp.com(協会事務局)あてに氏名(日 本語・ローマ字表記)、ご専門、ご所属(職位または学年)をお知らせください。

奮ってご参加ください。お待ちしております。以下をご覧ください。

ドイツ研究留学説明会(2016年7月2日)ドイツ文化会館(港区赤坂)にて開催のお知らせ

2016-05-06

「ドイツ研究留学説明会」のご案内
~~~ドイツでの研究留学を志望する大学院生、若手研究者の方々へ~~~
日本フンボルト協会は、下記の要領で「ドイツ研究留学説明会」を開催いたします。本説明会ではアレクサンダー・フォン・フンボルト財団およびドイツ学術交流会(DAAD)の奨学金についての全体説明会および専門毎に分かれて最近帰国したドイツ留学経験者(元奨学生)との交流を図る専門別分科会を企画しています。

ご承知のように、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団、ドイツ学術交流会(DAAD)はドイツ政府の関連機関で、ドイツの大学や研究機関での研究滞在の助成を主な任務としています。アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の奨学金は、年齢制限がありませんし、応募資格が博士号取得からの年数を基準にするなど、日本の研究者にとっては、たいへん利用しやすくなっています。また、奨学金受給期間だけでなく、その後も手厚い支援プログラムが用意されています。
(同財団ウエブサイト:www.humboldt-foundation.de)。DAAD奨学金についても年齢制限がありません。

専門別分科会では専門別少人数で最近帰国したドイツ留学経験者の体験談を聞いていただくとともに、奨学金やドイツ留学についての質疑応答などで交流をしていただけます。ふるってご参加いただきますようにご案内いたします。

また、お近くで関心をお持ちの方々にもお勧めいただきますようにお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ドイツ研究留学説明会  入場無料
2016年7月2日(土)14時―
ドイツ文化会館ホール(東京都港区赤坂7-5-56、銀座線 青山一丁目下車)

14:00-15:15 全体説明会
① 日本フンボルト協会ホームページ留学情報検索サイトの紹介」
②「フンボルト奨学金の紹介」
③「DAAD奨学金の紹介」
④「ドイツ留学体験談」

15:30-17:15 専門別分科会
(生命科学系、医学系、理工系、人文科学および社会科学などの専門別ならびにDAAD奨学金の分科会があり、留学経験者を交えてドイツ留学や奨学金の紹介や質疑応答を行います。

17:30- レセプション
全体説明会および専門別分科会には事前申込なしでご参加いただけますが、会場準備のためできるだけ事前申込をお願いします。また、説明会参加者には無料でレセプションにご招待しますが、レセプション参加希望者は、必ず事前登録をお願いします。

事前申込は、E-mailで、alumni@daadjp.com(協会事務局)あて、6月27日(月)までに
氏名(日本語・ローマ字表記)、ご専門、ご所属(職位または学年)をお知らせください。

主催:日本フンボルト協会 http://avh-jp.com/
協力:ドイツ学術交流会(DAAD)東京
後援:アレクサンダー・フォン・フンボルト財団

関東甲信越支部 第3回総会(2016.03.27)の報告

2016-04-28

2016年3月27日(日)、日本フンボルト協会 関東甲信越支部の第3回総会が東京ドイツ文化会館で開催されました。従来、当支部総会はDAAD奨学生の留学説明会に合わせて行われてきましたが、今回は日程上の都合により支部独自の企画として実施しました。総会の議案は下記のとおりです。

「議案」
1. 平成27年度活動報告ならびに次年度活動計画
2. 平成27年度会計報告と承認
3. 支部会則の提案と承認
4. 新任役員の提案と承認

総会は11時15分から西原博史幹事の司会で始まり、梶英輔支部長から平成27年度の支部活動の概要と次年度活動計画が説明されました。当年度に実施した大きな行事として、伊藤眞副支部長のご尽力により10月24日に筑波大学と共催でドイツ留学説明会を開催し、40名近い留学希望者を集めることができたとの報告がありました。その後、事務協議に入り、高橋輝暁幹事による会計報告と承認、支部会則の承認に続き、星野宏美幹事ならびに松本洋一郎監事が新しい支部役員として承認されました。

ここで事務協議を終了し、岩﨑英二郎会員による特別講演会が開催されました。講演会は高橋輝暁幹事の司会により、DAAD友の会会員を含めた40名以上の参加者を集めて行われました。岩﨑先生は95歳とは思えない熱弁でドイツ語の名詞に付いて軽蔑的意味をもつ接尾辞 -rei および同様の意味をもつ接頭辞 Ge- に関する興味深いお話しをされました。因みに岩﨑先生は慶應義塾大学名誉教授、日本学士院会員、ドイツ連邦共和国功労十字章第一級の受章者であり、ドイツ語の不変化詞の意味について、国際的にも比類のない成果を挙げておられます。講演後の質疑応答・意見交換も活発に行われました。

講演会終了後、西原幹事の司会により懇親会を行いました。乾杯の挨拶は元早稲田大学総長で東日本フンボルト協会の初代理事長を務められた西原春夫会員により行われました。DAAD関係者を含めて40名以上が参加し事務局の関さんにご準備いただいたドイツパンと料理を楽しみつつ、専門分野・世代を超えて歓談しました。最後に伊藤眞副支部長に中締めのご挨拶をいただきました。以上、今回も支部のモットーである“気楽で楽しい”交流の場とすることができました。 (以上)

 

Copyright(c) 2013 The Humboldt Association of Japan All Rights Reserved.